ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード ANAGOLD初年度無料
15,750円が返ってくる!!

2014年09月30日

笑顔の白いきくらげ

宇部市の株式会社サンアロー。
http://egaonokikurage.com/

こちらは珍しい白いきくらげを栽培されている。
その名も「シロイキクラゲ」(そのままですが)

_4.jpeg

こりこりとした食感が素晴らしいだけでなく、
ビタミンDや鉄分、カルシウム、不溶性食物繊維など、
栄養価も高いそう。

国内で消費されているキクラゲのほとんどが中国からの輸入物だそうで、
国産のキクラゲは貴重らしい。

最近は西京銀行が主催された「S1グランプリ2014」や、
宇部市イノベーション大賞も受賞されている。

今後の活躍にも期待!
posted by マサ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

産業クラスター計画

〜〜極上のライフスタイルを演出する「鍵」になる一枚〜〜


産業クラスター計画は、
当初全国に19プロジェクト、現在は再編が行われ17プロジェクトが進行中。

成功例としては、
・情報産業とバイオにフォーカスした北海道
・輸送機械や工学機器などをテーマとして愛知・静岡・長野
・半導体の九州
など。

北海道では、
情報通信系の企業約300社が参加し、
組み込み技術やGIS(地理情報システム)などの分野で
高い技術の集積が進んでいる。

一方、あまりうまくいかなかった例としては、
・東北
・近畿
があげられれている。

うまくいっていない理由として考えられているのは、
・対象分野を絞ることが出来なかったこと
がある。

東北の場合、
岩手・山形に既に先行したクラスターが存在したが、
そこを広範囲に包含するクラスターを設定しようとしたことに無理があった。
既存のクラスターの成果をしっかりと活用することはもちろん、
分野を絞って、かつ地理的にも連携しやすい地域を設定すべき。

近畿の場合、
ITから環境、モノづくりまでと対象分野が広すぎ、
最終的な製品を明確にイメージできなかったのではないか。
また異業種間の交流も十分ではなかったか。


こういったところを鑑みると、わが中国地域で進行中の産業クラスター計画である、
・次世代中核産業形成プロジェクト
・循環・環境型社会形成プロジェクト
であるが、ともに中国5県を対象としており、
多少後半に及ぶと考えられる。

産業都市宇部としては、
ともに寄与できるプロジェクトだが、
果たしてどの程度の寄与が出来ているのか・・・

地理的には北九州などとのコラボがよいと思うが、
そこは官僚一級の組織間の壁があるのだろう。

来春以降はこの進展も行わないといけませんね。
posted by マサ at 07:22| Comment(30) | TrackBack(11) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

国民文化祭/山口

今日から帰省。

山口では「国民文化祭」なるものが開催されるようです。
国民文化祭_山口2.jpg
http://www.kokubun-yamaguchi.jp/

その関係で皇太子様も山口を訪問されている模様。

■テーマ
「やまぐち発 心ときめく文化維新」

 山口県は、三方を海に開かれ、本州の最西端に位置し、古くからアジア大陸に向けた玄関口として重要な役割を担ってきました。壇ノ浦の戦い、大内文化の隆盛、明治維新など我が国の歴史を彩る数々の出来事が、本県を舞台に展開されてきております。
 山口県で開催する国民文化祭は、参加するすべての人々が改めて自分自身をそして文化を発見し、交流により新しい文化を創り出し、飛躍するきっかけとなるよう、テーマを「文化維新」と名付けました。

うーん、わかるようなわからないような・・・
結局何があるんだろうか???

■イベント
−ミュージックフェスティバル
http://www.kokubun-yamaguchi.jp/bunya/detail.php?detailID=18&p=&category=&year=&month=&nowpage=top
東洋最大級の鍾乳洞である、秋吉台で開催されます。

<以下、説明文引用>
 3億年という悠久の時を経て造りあげられた自然の芸術、カルスト台地「秋吉台」をステージに、大地の鼓動や風の叫びなど、自然の音がやがて「音楽」という芸術に高められていく過程をイメージしたミュージックフェスティバルです。
 優しく包み込むような秋の風景、風、香りなど思いっきり自然を体感し、音楽のすばらしさを味わっていただけるよう、ちょっと欲ばり企画で、皆さまをお迎えします。
<引用終了>

秋吉台は他の県の方にもお勧めできるスポットです。
鍾乳洞/水もきれいですよ。
秋吉台のカルスト大地といった原っぱもなかなかのもの。

−能・狂言フェスティバル
長門というところで開催されます。
<以下、説明文引用>
 全国各地から、能・狂言の愛好者が風光明媚な北浦の地長門に集い、日ごろの研鑚を披露します。一流の能楽師が演じる模範演能では、観世流、宝生流、喜多流による能や舞囃子、大蔵流による狂言が披露されます。
 また、楽器体験教室や能・狂言に関する衣装などの資料展示を行います。
<引用終了>

長門は日本海側の街で、海産物が有名。
下関のふぐに比べるとマイナーですが、
うにやわかめ、その他の魚の一夜漬けなどは絶品です。

−他にも美術、ファッション、雪舟の特別展などが開催される模様。
時間が許せば参加してみます。



さて、スポーツの国体に対する「国民文化祭」なんだと思いますが、
どれだけの効果があるのでしょうか?

山口県以外の人がどれだけこのイベントを知っているのか?
このイベントをきっかけに山口を訪れてくれるのか?


正直、あまり多くは無いのではないか?
というのは、これまで僕は他県で開催されるという話を
寡聞にして聞いたことがないからである。

つまり、文化祭に直接参加する人以外には
ほとんど認知されていないと推測される。

認知されていなければ、訪問にはつながりませんわな。


イベントを開催し、その事でその地域のブランドを高めることは大切だと思いますが、一過性のイベントの場合、なかなか所期の目的を達成することは困難ではないでしょうか?

地元には「彫刻」をテーマとした展覧会があります。
これは毎年行っているものですが、これを高めていくことで
都市のイメージを作ることは出来ないか?

これが今の僕の検討課題の一つです。
posted by マサ at 22:51| Comment(11) | TrackBack(1) | スポーツ・レジャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

市債の圧縮、新しい投資への原資確保

国と地方公共団体の債務は800兆とも言われています。

活気あるまちづくりを行うためには投資が必要です。
しかし、債務が多過ぎて新しい投資が難しいというのが現状。
そのためにはまずは債務を圧縮することが大切。

個人の借金も大変ですが、税金を使った公共団体の借金は
そこに住む住民全てにかかわることでもっと大切ともいえます。
ただ、自分の利害に直結しないだけ、先送りされてしまう危険が。
(自分の事だったら真剣にやりますよね?誰でも)


最強債務整理【実録!借金1億円をほったらかしで消していく秘伝書】
---------------------------------------------------------------------

■実は、僕自身、債務(借金)が1億2000万円ありました。

---------------------------------------------------------------------


ご紹介いただきました、山田高ノ介と言います。

え〜〜、ちまたでは別名「借金1億円男」と
呼ばれています。

なんか以前はやったドラマのタイトルのようですが(笑)

ただし、この借金、今はほとんど返済していません。
といういか、返済しないで借金を減らしていたりします。

その経験からか、現在いろんな方から借金解決の相談を
されるようになり、債務整理アドバイスや銀行交渉アドバイス
などもするようになってきています。

突然ですが、アナタの銀行融資返済は順調でしょうか?


なぜこのうようなことを言うかと申しますと、
万が一返済が厳しくなっていても、ほとんどの
社長さんたちが、弱音を吐かないからです。

銀行返済の悩みが頭から離れず夜も眠れないことありませんか?


僕に相談にくる社長さんは、どうも銀行と
話すのが苦手だとおっしゃる方が多いです。

もし、あなたが資金繰り、銀行返済に困っていると
したら、悩みすぎないでください。

今、日本の企業の7割近くが赤字経営、または、
利益のわりに、毎月の融資返済が大変だと
言われています。

アナタだけでは、ありません。

銀行から見捨てられるのではないかと不安に思い、
それこそ高利なところから借り入れをし始めたら
大変なことになります。

銀行と話すのが苦手などと言ってられない状況に
なってしまいます。


銀行はビジネスだから、お金をかしてくれているのです。
他に理由はありません。
だからきっちり金利を取ります。

ですから、企業側も銀行返済がキツくなったら、対等の立場として、
銀行を含む金融機関と交渉するのは、ビジネスとして当然の方法です。


「そうは言っても、どう交渉していいかわからないんだよ」

たしかにそうです。

なかなか自分の回りで、銀行の返済変更を交渉した人物は
あまりいないはずです。

しかし、

実際の銀行返済変更の交渉術がアナタの手元にあるとしたら・・・・

万が一に備えて、手元に置いておきたくないですか?


それだけでなく、交渉だけで借金を大幅に減額したと聞いたら・・・・
それも2000万円以上も・・・・・


ご興味はありませんか?



実は、

僕自身、債務(借金)が1億2000万円ありました。
毎月の返済も200万円以上にのぼってました。

それを自身のノウハウで、月2万円ほどに減額。
ほとんど返済していないに等しいです。
計算すると完済に500年かかることになります。

それだけでなく、交渉だけで返済もしないで
2000万円以上、債務(借金)を減らしています。

2000万円です!!!

なぜ、このようなことが可能なのでしょう?

銀行返済の悩みが頭から離れず夜も眠れないことありませんか?

銀行返済の悩みから解放されるノウハウはコチラから
         ↓

最強債務整理【実録!借金1億円をほったらかしで消していく秘伝書】


現在、期間限定で、かなり泥臭いノウハウまで、
公開しています。
         ↓

最強債務整理【実録!借金1億円をほったらかしで消していく秘伝書】

また、

あなたが現在、会社や事業を始めたばかりで借金(銀行融資)も受けてないで、
この内容を興味を持って見ているとしたら、非常にラッキーです。

何故なら、

このノウハウには、銀行との付き合い方がすべて書かれているからです。

「どんな融資の種類があるのか」

「今後、自宅を購入したいけど、銀行との付き合いかたは?」

それらがすべて分かります。

そしてなんといっても、どの融資(借金)が一番、経営者にとってリスクがないのか?


その答えがズバッと書いてあります。

銀行員が最初に企業に提案する融資とは、間違いなく違うと思います。

「なぜ?」

簡単です。

「銀行にとって一番損しない(リスクのない)融資を初めに進めるからです。」

それは、

「当然、あなたにとってリスクのある融資(借金)なのです。

相手の立場を考えれば、分かりますよね。

ですから、銀行が最初に進める融資(借金)とは違う種類の融資を
申し込まなければいけないのです。

初めから銀行との付き合い方が分かっているとしたら、あなたの事業の展開も
間違いなく変わっていきます。

このノウハウは債務整理だけでなく、銀行との付き合い方が解かるノウハウ
でもあるのです。

ぜひ、リスク回避のためにも必須アイテムとしてお手元に置いておいてください。
             ↓

最強債務整理【実録!借金1億円をほったらかしで消していく秘伝書】
posted by マサ at 22:25| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

稼ぐ視点

〓〓【寝てフェラ♪】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 ■ アフィリエイトでなかなか稼げない…

 ■ アフィリエイトを始めてみたい!

 ■ ネットでラクラク月10万円以上稼ぎたい!


 そんなあなたには【寝てフェラ♪】をお奨めします

 【寝てフェラ♪】の本当の意味はこちら(笑)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


西武の松坂投手がポスティングシステムでメジャーへ行くとした場合、
30億以上の値がつく可能性が高いとのこと。

プロ野球の球団は、有望な若手選手を仕入れ、
育て上げた後、その選手の人気で観客動員などの形か、
別の球団へ譲渡することによって回収を図ります。

単純にですが・・・
今回の松坂投手のケースでは、
当初の契約金等で1億円以上、その後の数年程度の年棒でも
合わせて10億円も投資していないはず。
(インフラ面などで幾ばくかの投資はしているはずですが)

そう考えると、金銭的には非常においしいケースですね。
もちろん、FA後に渡米されると西武には一銭も落ちないという計算もあるでしょうが。

翻って、都市への投資にも同様なことが言えるのではないでしょうか。
いくらの投資を行うからには、それ以上のリターンを期待する。
ものすごく当たり前のことなのですが、「公共サービス」の名のもと、
投資対効果が十分に検証されずに行われている事業がまだまだ多いと思います。

僕が議員、市長となった暁には、投資対効果が不明確なものには投資させません。(投資対効果がマイナスでもやる意味のある事業は別です。)
簡単な例でいえば、まず重複して実施している事項や
一式での発注はやめ、各明細ごとに査定するような当たり前のことを
当たり前に実施します。
それだけでもかなり金銭的には貢献できるはず。

さらにシステム面についての強い方は珍しいので、システム関連の投資対効果を適正化すること、使い勝手を良くするといった面でも
若手の自分にはやることもやれることも多々あると感じる今日この頃です。

アメリカ行くならNWはいかがですか?
ダイナースでステータスもバッチリ。
マイルもたくさん溜まりますからすぐに特典航空券です。




↓明日ANAに乗ります。
このカードのおかげで25%UPでマイルが溜まります。
大体5往復もすれば国内の無料券はゲットできますね。
今なら年会費もキャッシュバックされるみたいです。
うらやましい・・・
ANAGOLD初年度無料
15,750円が返ってくる!!


■インターネットマーケターの方へ

5万9700円相当のCD・Eブック・MP3セミナーなどのインターネットマー
ケティング情報+再販売権を無料でゲットしたい人は他にいませんか?

この特別案内はあっという間に定員(800人)に達してしまうでしょう。ですので、なくならないうちに今すぐクリック!

インターネット史上最高のプレゼント


posted by マサ at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月10日

街づくり

僕がやりたい地元の街の活性化。

実施していく際に必ず必要なのが「まちづくり三法」。

街づくり三法とは
「大規模小売店舗立地法」、
「改正都市計画法」、
「中心市街地活性化法」
の三つの法律を総称するものであり、
膨張・拡大化の時代の終焉を迎え、
高齢化社会のなかで好ましい地域コミュニティ−を形成し、
生活に便利な街づくりを再整備することを目的としています。

今後街づくり三法を中心とした内容と問題点、コンパクトシティなどについて研究を行っていきたいと思います。

ANAGOLD初年度年会費15,750円が無料に!


なお、コンパクトシティについては以下を参照
以下、Wikipediaから引用。
コンパクトシティ(Compact City)とは主にヨーロッパで発生した都市設計の動き、またその背景にある思想・コンセプト。アメリカではニューアーバニズム、イギリスではアーバンビレッジが同様の概念を打ち立てている。

■進む中心市街地の空洞化
中心市街地の空洞化現象が1990年代より日本各地で顕著に見られるようになった。特に鉄道網の不十分な地方都市においては自動車中心社会(車社会)になり、郊外に住宅地開発が進み、また巨大ショッピングセンターが造られ、幹線道路沿線には全国チェーンを中心としてロードサイド型店舗やファミリーレストラン、ファーストフード店などの飲食店が張り付いて、競争を繰り広げている。また商業施設のみならず公共施設や大病院も広い敷地を求めて郊外に移転する傾向が見られる。一方、旧来からの市街地は車社会にしては街路の整備が不十分である上、権利関係が錯綜しており、市街地開発が進まなかった。特に、昔から続く自然発生型の商店街は、道路が狭く渋滞している、駐車場が不足している、活気がなく魅力ある店舗がないなどの理由で敬遠されて衰退し、いわゆるシャッター通りが生れている。

■郊外化の問題点
しかし、こうした郊外化は多くの問題点を抱えている。

自動車中心の社会は移動手段のない高齢者など「交通弱者」にとって不便である。
無秩序な郊外開発は持続可能性、自然保護、環境保護の点からも問題である。
際限のない郊外化、希薄化した市街化は、道路、上下水道などの公共投資の効率を悪化させ、膨大な維持コストが発生するなど財政負担が大きい。
コンパクトシティの発想
こうした課題に対して、都市郊外化・スプロール化を抑制し、市街地のスケールを小さく保ち、歩いてゆける範囲を生活圏と捉え、コミュニティの再生や住みやすいまちづくりを目指そうとするのがコンパクトシティの発想である。1970年代にも同様の提案があり、都市への人口集中を招くとして批判されていたが、近年になって再び脚光を浴びるようになった。再開発や再生などの事業を通し、ヒューマンスケールな職住近接型まちづくりを目指している。

交通体系では自動車より公共交通のほか、従来都市交通政策において無視に近い状態であった自転車にスポットを当てているのが特徴である。

具体的には、札幌市、仙台市、青森市、稚内市をはじめとした東北・北海道の都市と神戸市などがコンパクトシティを政策に取り入れている。青森市では郊外の発展により除雪費用が膨大になり市の財政を圧迫していることなどから、郊外の開発を抑制し、中心市街地の再開発に重点を置く施策を取り、成果を上げているという。

■コンパクトシティ誘導政策
国土交通省も、コンパクトシティを目指すべく政策転換を進めている。1998年制定のまちづくり3法(改正都市計画法、大規模小売店舗立地法、中心市街地活性化法)が十分に機能しておらず、中心市街地の衰退に歯止めがかかっていないとの問題認識から、見直しが行われ、そのうち都市計画法、中心市街地活性化法が改正された(2006年6月、2006年8月施行)。この改正については、福島県等で問題になった、郊外への大型量販店やショッピングセンターの立地抑制に狙いがあるのではないかとの批判も聞かれる。

■推進上の留意点
比較的コンパクトシティ化しやすい都市の要素として、

−公共交通網がある程度充実していること、
−中心市街地である程度文化活動が盛んであること
−コミュニティが存在していること
−観光地としても成立しうる資源を持ち人々が流入する要素があること
などが考えられる。
一方、近年地方都市において地価が下落したことや、工場跡地等の格好の更地が出現したこともあって、一定規模以上の都市では中心市街地にマンション開発が進むなど、コンパクトシティの方向への動きも見られる。

一方、以下のように、課題は多い。

−既に拡大した郊外をどう捉えるのか
−都市計画をツールとして有効に活用できるか
 従来も、都市計画が真に有効に機能しておれば防げたことは多いのではないか。
 現状追認に終始してきたのではないか。
−自動車への依存を克服できるのか
 通勤や買い物に事実上使えないほど公共交通が衰退している地方都市は多い。
−郊外の発展を抑えれば中心市街地が再生するのか
 市街地拡大の抑制が目的ではなく、あくまでも街のにぎわいを取り戻すための一つの手段である。例えば、郊外化を抑制する目的で郊外へのショッピングセンター立地を抑制するという名目での既存商店街保護へのすり替えの恐れ。

ANAGOLD初年度年会費15,750円が無料に!




posted by マサ at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月08日

冨士裾野市の選挙

10/1、静岡県の裾野市で市議会選挙が投・開票されました。

ソーシャルアクションスクールでお世話になった、
内藤さんも無事当選。

3期目を開始されました。

裾野市の選挙でも企業・政党・地縁血縁組の順番で当確。
なかなか厳しい選挙だったようです。
うちの地元もそうだろうな。きっと。

私も来春の選挙に向けて気合を入れねばなりません。

まずは今月より後援会活動を開始します。

↓国内で飛行機に乗る機会が多い私は使っています。
25%UPなので、すぐにマイルが溜まりますよ。
しかも初年度年会費無料。うちは払っているのに・・・
◎ANAGOLDカード初年度年会費無料◎
入会キャンペーン大好評実施中!!!!!!



↓海外旅行(特にアメリカ)にいかれる方はこちらもどうぞ。
ステータスにもなりますね。
世界を知る大人の一枚 ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード


↓今後のお付き合いを行うためにやっています。
まずは基礎の体作りから。
ゴルフのスコアはまだですが、体は柔軟になってきたような。
37日で美的スイングに変身するゴルフ上達法!


↓ネットで稼ぐ人は使っているようですね。
見るだけならただです。当たり前ですが・・・
【寝てフェラ♪】


↓CM見るだけでポイント溜まります。
溜まったポイントでマイルにも交換できます。
上のカードと一緒に使えばほんとすぐに溜まります。







posted by マサ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

マイル、ポイントなど

◎ANAGOLDカード初年度年会費無料◎

入会キャンペーン大好評実施中!!!!!!


ノースウエスト・ワールドパークス/ダイナースクラブカード

ライフカードはポイントが断然お得♪
安心の旅行傷害保険付で今なら初年度年会費無料


航空会社から始まった「マイル」
今となってはあらゆる業種で使われています。

古くはスタンプなどが顧客囲い込みのために使われていました。
今はポイント・マイルなど、共通で使えるものが主流になってきました。

ここで、ポイント・マイルなどによって
航空券やその他商品、サービスが受けられるわけですが、
本当にお得なのでしょうか???


冷静に考えてみるに、割引の原資となっているのは商品の金額のはず。
ということは?

もらわないと損。
もらって当たり前、ということか?


となると、単純にポイント・マイルをもらうだけではなく、
カードで決済することも含めて2重・3重に損をしないようにしなくては。

そのためにも旅行好きの方なら、ANAカードやNWのカードを活用してくださいね。



■インターネットマーケターの方へ

5万9700円相当のCD・Eブック・MP3セミナーなどのインターネットマー
ケティング情報+再販売権を無料でゲットしたい人は他にいませんか?

この特別案内はあっという間に定員(800人)に達してしまうでしょう。

ですので、なくならないうちに今すぐクリック!


インターネット史上最高のプレゼント

posted by マサ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス・投資・金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

大人の教育

◎ANAGOLDカード初年度年会費無料◎

入会キャンペーン大好評実施中!!!!!!




◎ANAGOLDカード初年度年会費無料◎

入会キャンペーン大好評実施中!!!!!!










■インターネットマーケターの方へ



5万9700円相当のCD・Eブック・MP3セミナーなどのインターネットマー

ケティング情報+再販売権を無料でゲットしたい人は他にいませんか?



この特別案内はあっという間に定員(800人)に達してしまうでしょう。

ですので、なくならないうちに今すぐクリック!


インターネット史上最高のプレゼント




若者の教育も大切ですが、
本当に大切なのは大人の教育ではないでしょうか。

子供の頃は学校で社会を勉強します。
しかし、学校を卒業してからはどうでしょう?

例えば、税金の話、社会保障の話、
どの程度の意見をもっていらっしゃるでしょうか?

生活に余裕があるのに給食費を払わない親。
働けるのに生活保護を受ける方。
逆に働いても働いても生活保護以下の給与のワーキングプワー。

行政サービスを提供するためには、それなりの原資が必要です。
確かに無駄なコストを削減することは重要です。
ただし、幾ばくかのコストがかかることは避けられません。
どこかに重点的に投資を行えば、どこかは削らざるを得ません。

その配分を決めるのが、「政治」です。

払いたくないけど、もらいたい。
それはかなり無理を言っていると思うのですが、
テレビに映る方はよく言ってますよね?

テレビに映る方は極端な方だと思いますが・・・


だからこそ、大人の教育も重要なのです!

有識者や実業界の方、また市議や市長などと
市民がそれぞれのニーズや知識を交換し合う。
そんな場が常に行われることで
100%は無理でもより住民のニーズを吸収した
市民を向いた仕事が出来るようになるのではないでしょうか?

住民のレベルでしか行政サービスは実現できません。

スイングが劇的に変わるゴルフ上達レッスン法!




スイングが劇的に変わるゴルフ上達レッスン法!
posted by マサ at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

若者の教育

知ったかぶりの人はこの情報を見ないでください。



何故ならこの情報はそんな人達のものではないからです。

この情報は真剣なインターネットマーケターのためのものです。



発表します。



インターネット史上最高のプレゼント



うちの地元には空港があります。
ANAとJALが乗り入れているので比較的本数も多いです。
東京からだと1時間30分くらい。
実家も空港から10分くらいなので、非常に便利です。
帰省はもっぱら飛行機なのでマイルがたくさん溜まるカードは
魅力的ですね。

↓ゴールドカードなら25%アップでマイルが溜まるので
すぐに無料航空券になりますね。無料分だけでも何往復もしたなぁ。
しかも初年度年会費無料って、ちょっとずるい・・・




若者が都会に流出していく。
多くの地方自治体で困っていることです。

都会を経験することはよいことだと思います。
問題は戻ってこないことではないでしょうか。

さて、何で若者は都会に出て行くのでしょうか?
・都会の方が刺激があって楽しい?
・田舎には職が無い?
・・・

いろいろな理由はあるでしょうが、
その一つに、郷土に対する思い入れが
昔と比べると薄くなっているのではないでしょうか。

地縁・血縁でがんじがらめになることがよいとは思いません。
が、地元のよいところ、歴史を身に付けていれば
また帰ってこようという気になるのではないか?
そう思います。

うちの地元は山口県です。
安部さんが首相になったことでも多少話題になりますが、
普段は全国的なニュースになることは余りありません。

そんな山口県民が誇りに思っていること、
それは多くの場合、明治維新です。
しかし、自分と同年代で明治維新について
それなりに説明できる人はごくわずか。
他県の方から聞かれることと言えば、
「ふぐ(ふく)」、「明治維新」、「吉田松蔭」、「松下村塾」、
なのに、です。

明治維新は全て正しかったとはいえません。
途中で多くの血も流れましたし、
以降わだかまりがまだ残っているところもあります。

ただ、よいところも悪いところも含めて知ったうえで、
今後良くしていくためにどうすればよいか、
考えないと意味が無いですよね?

子供たちには、明治維新だけではなく、
地元のよいところをもっともっと伝えていかないといけないんじゃないでしょうか。

その上で、外の世界で活躍してくれることは
大いに喜ばしいことですよね。



スイングが劇的に変わるゴルフ上達レッスン法!


最短即日受け取り可能!○

オンラインスピード発行○

今注目のイチオシカード!


posted by マサ at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。